グルメ

ティムタムはオーストラリアで人気のチョコレートビスケット♪

Hello かんがるーです♪

オーストラリアの有名なチョコレートビスケット「ティムタム(TimTam)」を紹介します!

オーストラリアへ留学していた、ママ。

ホームステイ先で、少し変わったティムタム(TimTam)の食べ方をすると、注意されちゃいましたw

どうやら子供が好きな食べ方だったみたいです。

大人の方はご自宅で試してみることをオススメします。

公式ホームページにも、「好きな人の前ではやらない方がいいかも。」と記載されてますw

外出先で少し変わった食べ方をすると、周りから白い目でみられるかもです。

かんがるーチャンネルのYouTube動画

ティムタム(TimTam)を開封

オーストラリアですごく有名なチョコレートビスケットの「ティムタム(TimTam)」を紹介します。

 

ママ
ママ
ママは昔、オーストラリアで少し留学していたことがあります!
その時「ティムタム」に出会って、めっちゃハマりました♡

 

日本に帰ってきてからも、チョコチョコ食べています♪

今回、本場オーストラリアの土産でいただいたので、めちゃ懐かしいです!

留学していた頃を思い出します。

 

早速、開けてみます♡

 

ティムタム(TimTam)
↓↓↓

断面は、チョコレートとビスケットでサンドされていて、さらにその上からチョコレートでコーティング!

これでもかーってくらい、甘さが盛り盛りです!

甘さの極みですねw

甘党には、たまらないお菓子です!

 

ティムタム(TimTam)はどんな味?

チョコレートが好きな方は本当にオススメです!

キットカットのちょっと大きい版って感じでしょうか。

噛み応えは全然違うんだけども、キットカット好きな方は絶対好きだと思います。

すごく美味しいです♪

 

ママ
ママ
うん!間違いない味です♪

 

初めてオーストラリアで食べた時は、ちょっと甘いなって思ったんですけど、この甘さがまた食べたくなるような、クセになる感じの「ティムタム(TimTam)」です!

 

そして、気になるカロリーは、ティムタム1つで約100kcalです。

 

ママ
ママ
…ちょっとお高めです。汗

 

でもその分、チョコレートがたくさん入ってて、本当においしいです。

普通にプリン1つ食べても、250kcalとかいっちゃいますよね?

ティムタムを2つ3つ食べて満足できるんだったら、1つ100kcalでもペロペロとわが家では食べちゃってますw

 

ティムタム(TimTam)の種類

定番のフレーバーは、全部で6種類あります。

(オリジナル、チューイカラメル、ダブルコート、ダーク、ホワイト、チョコミント)

オーストラリアでは他にも、期間限定品があったり、お店限定のフレーバーがあったりと種類が豊富で、国民的なチョコレートビスケットなんです。

もちろん、日本にも期間限定品があるので見つけたら試してみるのも楽しみの一つです♪

オリジナル

 

オーストラリアで人気No.1のチョコレートビスケットと言えば、ティムタム。
チョコクリーム、ビスケット、チョコレートが絶妙なハーモニーを奏でます。

内容量:11枚

 

ママ
ママ
ティムタムといえは、オリジナルがど定番!
内容量も多く、間違いない美味しさです。

 

チューイカラメル

 

カラメルクリームサンドのビスケットをさらにチョコレートでコーティングしました。
サンドビスケットの中のとろけるカラメルとチョコがよく合い美味しさをひきたてています。

内容量:9枚

 

ママ
ママ
子供たちに絶大な人気!
うちの子も大好きです!

 

ダブルコート

 

チョコクリームをはさんだビスケットを、チョコレートで二重に包みました。
とても贅沢なチョコレートビスケットです。

内容量:9枚

 

ママ
ママ
甘さの極み!
チョコレートを二重に包むなんて、贅沢ですよねー

 

ダーク

 

ビターチョコレートを使用した甘さ控えめな大人の味わいです。
ほろにがいティムタムをお楽しみください。

内容量:11枚

 

ママ
ママ
ダークとコーヒーの相性はバッチリです!

 

ホワイト

 

大人気のTimTamにホワイトタイプ。
ミルククリームをホワイトビスケットでサンドし、上品な甘い香りが特徴的な商品です。

内容量:9枚

 

ママ
ママ
マイルドな甘さが加わり、ワンランク上の美味しさです!

 

チョコミント

 

チョコミント好きには、たまらないティムタム。
数量限定品扱いだったティムタムミントが、定番製品となりました。
サクサクのビスケットとミントクリームの爽やかな味わいをお楽しみください。

内容量:9枚

 

ママ
ママ
実はまだチョコミントフレーバーは試したことがないんです。
見かけたら、ぜひ試してみたいです!

 

ティムタム(TimTam)のおもしろいデータ

公式ホームページにこんなことが記載されてました!

・1964年に発売されたTim Tam は、オーストラリア国内で年間6.7億個が消費されている大人気のチョコレートビスケットです。
・Tim Tam の名前の由来は、創業家一族のロス・アーノッツがアメリカを訪問している際に行われたケンタッキーダービーで勝利した馬の名前から名付けされました。こんなユニークなデータもあります(すべてアーノッツ社調べ)

・オーストラリアでは69%の人が Tim Tam を友達とシェアするのが好き
オーストラリアでは40%の人が Tim Tam を友達や家族に見つからないよう隠している
・オーストラリアでは66%の人が Tim Tam を夜テレビを見ながら食べるのが好き
・オーストラリアでは3%の人が Tim Tam をお風呂の中で食べている
Tim Tam ファンの52%は「Tim Tam Slam」という食べ方を楽しんでいる

【出典】アーノッツ社

 

オリジナルとダークのパッケージには、ティムタムが11枚入ってるんだけど、すぐなくなっちゃいます。

公式ホームページにもあるように、

オーストラリアでは40%の人が Tim Tam を友達や家族に見つからないよう隠している

 

わかるー

わかるわかる!

実はわが家でも隠していることが多いんですw

ティムタムを家族にみつからないように隠すほど美味しいので、わが家もオーストラリアの40%の人に当てはまりますw

子供達にも大人気のおやつになっています♡

ティムタム(TimTam)のユニークな食べ方

ティムタムは普通に食べても美味しいんだけど、ちょっと変わったユニークな食べ方があります。

Tim Tam Slam
↓↓↓

「Tim Tam Slam」って?
1.Tim Tamの対角の角を小さくかじって
2.マグカップのコーヒーに片方の角をつけて
3.Tim Tamをストロー代わりにもう片方の角からコーヒーを吸う!
4.吸った後はTim Tamが崩れる前に一気に食べる。

・コーヒーの替わりに、紅茶やミルクでもおいしくいただけます。
・コーヒーはアイスでもおいしい!
・注意!とても熱いコーヒーでは試さない。
好きな人の前ではやらない方がいいかも。

【出典】アーノッツ社

 

公式ホームページに掲載されていたなんて、ちょっと驚きましたw

Tim Tam ファンの52%は「Tim Tam Slam」という食べ方を楽しんでいる

ちょっとユニークなティムタムの食べ方を「Tim Tam Slam」というんです!

TimTamファンの52%が楽しんでいるとは、ちょっと驚きですねw

 

でもよくみると、最後の一文にこんな記載があります。

好きな人の前ではやらない方がいいかも。

どうやら子供が好きな食べ方だったみたいです。

大人の方はご自宅で試してみることをオススメします。

外出先で少し変わった食べ方をすると、周りから白い目でみられるかもです。

 

オーストラリアにいた時、みんなの間で流行ったと言うか昔からある食べ方だったので、ホームステイのママに聞いてみたことがあるんです。

 

ママ
ママ
やりたい!
やってみていい?
ホームステイ先のママ
ホームステイ先のママ
Stupid(バカだ!)

 

バカだ!って言われたけど、子供たちにとってはそうやって食べるのが、美味しくって楽しいよ!っていうので流行ってました。

 

それをやっている動画がありますので、もしよかったら是非みてくださいね。

セイキンさんの動画
↓↓↓

面白い動画になっていました!

子供の時は、日本でもオレオをパカって割って食べたりして、おもしろおかしく食べてたのを思い出します。

親はやめなさい!っていってたけど、そんな感じだと思います。

 

まとめ

とっても美味しい「ティムタム(TimTam)」を紹介しました♪

オススメなので良かったら、ぜひ食べてみてください!

ちなみにママは、紅茶と一緒にいただくのが最高に美味しいんです♪

 

ティムタムと紅茶。
↓↓↓

幸せを感じる瞬間です。

 

さて、ティムタムを食べ終わったら、残りはどこに隠そうかしら…。

See you.

ABOUT ME
かんがるー
かんがるー
子どもたちとの日常や成長記録、ウーパールーパーやメダカの飼育日記を気の向くまま綴ってます。